【実例】爽やかな青のインテリア

 
ギリシャ、浜辺のコテージ、海をモチーフにしたインテリア。気分を晴れ晴れさせる効果があります。


今日は、そんな爽やかな春にぴったりなインテリアを紹介します。



通販やインテリアショップで探すと、貝殻やストライプ柄の生地をたくさん見かけます。配置しすぎると安っぽい芝居のセットになってしまいます(笑)1つ2つに留めましょう。


ターコイズ、紺、水色、ブルーは必須カラー。も清潔感と開放感を与えてくれます。


それではシンプル過ぎるという方は、砂のクリーム色、夕暮れや浜辺の花火の黄色オレンジきれいな緑色をアクセントカラーとして散りばめるのも賢い方法です。


珊瑚色も海モチーフのインテリアに最適です。セーラー服のように、紺と白を組み合わせるのも伝統的だが、目立つコンビです。

海モチーフのインテリアは、実際のビーチと同じように風通しがよくなければいけません。そのため、大き過ぎる家具は避け、できるだけ部屋の周辺に配置し、オープンスペースを確保します。


ライティングに関しては、間接照明を置くといい雰囲気になります。夕焼け染まる海辺でカクテルを飲むなんて場面を想像してみてください。素敵でしょ?キャンドルでもいいです。


また、海モチーフのインテリアに、本革家具をあまり使いません(濡れた水着や砂がついた足で革製の椅子に座れませんので)海藻や藁など、自然素材の家具をたくさん使えば、リラックスした雰囲気になります。


ただ、自然素材があふれたインテリアの中に、モダンなコーヒーテーブルを1つ加えても構いません。


賃貸でなければ、室内と室外の境界線をぼやかす演出をするといいでしょう。ガラスのドア、スカイライト、スライドドアで外の光を目一杯室内に取り込みます。




最後に、自分で海辺で拾った貝殻や、ガラス瓶を1つ2つ飾っておくと良いでしょう。多くしすぎず、本当に自慢できるものを飾りましょう。



写真提供、設計: Mood House